映像制作会社によって変わってくる編集の期間

できるだけレスポンスの良い会社を選ぼう

動画や静止画をプロの人たちに撮影してもらいたいと感じているのであれば、できるだけ評判の良い映像制作会社を探しましょう。編集期間に関しても、会社によって大きく異なります。納期に間に合わせてもらわなければ話にならないので、極力スピーディーに仕事をしてくれる、レスポンスの良い会社を選ぶことも大切です。スピーディーな仕事をしてくれると言うことで有名な会社は、基本的に人気があるでしょう。インターネット上の人気を確認できるサイトに目を向けて、上位で活躍しているような会社をピックアップするだけでも、かなり見つけやすくなります。もちろん、個人や企業の体験談に耳を傾けて、どこの会社を選んだのかを聞いておくのも悪くない判断です。経験者の意見は、結局のところ1番大きな参考になるので、しっかりと聞いておいた方が良いでしょう。

今までの事例を確認しておくことも大切

噂話に耳を傾けて、それを参考にさせてもらうのも確かに悪くない判断です。ただそれを全て鵜呑みにするのではなく、実際に映像制作会社のホームページから、事例をチェックすることも忘れないようにしましょう。今までどのような動画や静止画を撮影してきて、それをどのくらいの期間で編集してきたのか、調べておくとその業者の特徴を把握することができます。レスポンスの良い業者であれば、3日間前後ですぐに作って手渡してくれますし、時間がかかる業者の場合は、1週間以上かかる可能性などもあるはずです。もちろん、お願いした動画の規模などによって変わってくるので、一概には言えないでしょう。必要な編集の期間に関しては、最初に見積もり金額を出してもらう時に、明確に教えてもらうのがお勧めです。

こちら側でも早く完成できるように工夫する

映像制作会社にお願いするときは、こちら側でも、素早く依頼した作品が完成できるよう、工夫することが重要となります。まずは、希望の動画の長さを伝えて、そこで見積もりの金額と、かかるであろう編集の期間に関して教えてもらうのが先決です。そこで聞いた見積もりや内訳で納得できないのであれば、動画の規模を小さくするなどといった工夫をしてあげると良いでしょう。どんなに優秀な会社も、やはりマンパワーをオーバーしてしまうと、時間がかかります。一方的に任せると言う意識ではなく、あくまでもビジネスパートナーとして見て、二人三脚で話を進めることが肝心です。そのためにも、繰り返しミーティングを行い、双方が納得する形で映像制作に取り掛かりましょう。

記事を共有する