映像制作会社を選ぶときは実績の広告を比較しよう

実績をチェックするのが基本中の基本

映像制作会社に映像の制作をお願いするときは、その会社の実力を先に把握しておくのが基本中の基本です。そのやり方に関しては人によって変わりますが、やはり実例を確認するのが1番簡単でしょう。今までその映像制作会社が、どのような広告を出してきたのか、確認しておきたいところです。代表的な作品に関しては、基本的に会社のホームページを見れば、チェックできることが多いのでお勧めです。また、個人や会社のホームページを確認して、気になる広告を見つけたら、それがどこの会社の作り出したものなのか、問い合わせてみると良いでしょう。手順が順番になりますが、このやり方ならむしろ確実です。先に作品をチェックし、その会社の技術力や提案力を確認した状態で依頼をかけると、こちら側としても安心してお願いができます。

いろいろな会社の作品を見比べることも大事

1つの会社に固執するのではなく、様々な映像制作会社の広告をピックアップして、比較することも覚えておきましょう。画像や映像をたくさんピックアップして比較すると、どこの会社の作品が優秀で、どれだけの企画提案力があるのかが見えてくるようになります。また、ついでにそれぞれの作品を作る上で、かかった時間や金額に関しても調べておくべきです。納期通りにスピーディーに作ってくれるかどうかも調べられますし、料金的にコストパフォーマンスの良い会社かどうかが分かるでしょう。特に料金に関しては、比較することによって、この業界でかかるおおむねの価格相場と言うものが見えてくるようになります。目安になるので、先に確認しておくのが基本です。

媒体によって値段も大きく変わってくる

当然ながら、静止画よりも、動画撮影の方が、時間もかかりますし、料金も高くなります。ただ、静止画より動画の方がコマーシャル力があり、いろいろな人に見てもらえる可能性があるでしょう。よりインパクトの強いやり方でブランディングしたいなら、動画で撮影するに越した事はないです。静止画で撮影したときの料金、そして動画で撮影したときの料金に関して、それぞれを比較し、予算内でできる方を慎重に選ぶことが重要となります。最初に業者に声をかける段階で、予算は伝えておいた方が良いでしょう。その予算内で撮影するとなると、どのような媒体を使うのがベストなのか、教えてくれます。基本的に、動画で撮影する場合は、容量が増えて撮影時間が長くなればなるほど、料金が高くなるので注意です。

記事を共有する